サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

「何回言ってもまじめに練習してくれない!」←「親に勉強しなさいと言われたら満点取る勢いで勉強するの?」

部内、サークル、一般楽団での温度差問題。 同期が、先輩、後輩が、生徒がまじめに練習しない。 譜読みしない、パート、セクション練習しない。 合奏に参加しない、本番直前にしか来ない。 色々とフラストレーションがたまる事は沢山あると思います。 「こん…

練習時間が短くても質の高い練習を?

練習するにおいて時間と質については色々と考えがあると思います。 89歳でなお現役のトランペット奏者、ドク・セバリンセンは毎日8時間の練習をしている、という話は有名で、先日も素晴らしい演奏がフェイスブックでシェアされていました。 ですが、ただ長時…

「そんな演奏で楽しいの?恥ずかしくないの?」←楽しいからやってるんだよ!

たまにいるのが「そんな演奏してて楽しいの?笑」って人。 うるせー楽しいんだよヽ(`Д´)ノ 人によって色んな楽しさがあって、今はその楽しさでOKなんですよ。 最初はボヘボヘの変な音でも、大変な演奏でも、楽しければいいんです。 何かのきっかけで上達した…

教則本でつまづいても気にせず先に進んだ方が良い

トランペットやその他楽器の教則本との付き合い方について 僕自身あまり教則本をやってなかったので何かと苦労しているのですが、色んな種類のがあるみたいですね。 最初から順番に練習して出来たら次に進むステップアップタイプのものや、沢山の練習パター…

個人練習は足し算、合奏はかけ算

コンクールやコンテストのシーズンがやってきました。 自分の学生時代や、現役生のバンドを見て来て思った事を書きます。僕自身コンテスト経験はないので、常連校以外に向けて書きますが、常連校、上位校にも当てはまるところあるかも? Facebookページ「ト…

ネット上の奏法などの情報との付き合い方

昨今(さっこん:初めて使いましたこの言葉)、インターネット上には様々な情報であふれかえっています。 日常生活のお役立ち情報から医療分野の専門的な知識まで。音楽においても演奏会情報から楽器や奏法の事まで。ここで気になってくるのが情報過多により何…

☆危険な「1st・リードトランペットはこうあるべき」思考

今回は昔の自分を振り返りつつ書いてみようかなと。1stを任される、リードトランペットになった方に読んで欲しいです。 ATに出会い「こうあるべきだ、こうでないといけない」って思考を音楽に持ち込めば持ち込むほど、いずれ潰れてしまうのかなぁと思う様に…

☆「これをしたら出来るようになる」思考はやめて、代わりに思いたい事

ロングトーンをしたら音が安定する、綺麗になる。 リップスラーをしたら高音が得意になる、トリルが出来るようになる。 タンギング練習をすればタンギングが速くなる、歯切れ良くなる。 これらは半分正解で半分間違いです。 Facebookページ「トランペット奏…

鳴らない楽器?従わせるのか、寄り添って吹くのか

今回は楽器のセッティングについて自分の考えを書いてみます。 結論から言うと「大体の好みが分かったら後は楽器に合わせて練習しましょう」です。 あるアレクサンダー・テクニーク教師が「人はより良いイスを買い求めるが、自分がどう座っているかには興味…

「こんな演奏じゃ作曲者、編曲家に失礼だ」って思う必要はないです。

曲を演奏する時に「こんな演奏じゃ作曲者、編曲家に失礼だ」って思う必要はないです。 本人が聴いてたとしても「作品の意図通り頑張りました!」とか「 自分達なりの解釈を入れました!」の考えで良いと思います。 そもそも作編曲家さん達は演奏してくれるだ…

外部講師を呼ぶタイミング

部活動や大学のサークルで、コンクール、コンテスト前に講師呼ぶところが多いと思います。 いつも思うのは、包丁の扱い方もろくに知らないのに盛り付け方を教わっても試せないという事です。 考えてみればシンプルな事だと思うのです。 つい先日包丁を持った…

「お金を頂くというのはその人の人生の時間を頂くという事」?

前にネット上で「お金を頂くというのはその人の人生の時間を頂くという事」という様な書き込みを見ました。その時のツイートをまとめてみました。 昔の自分なら納得したかもしれませんが、少し違和感を覚えました。 お客さん自身が選んで時間を消費しただけ…

楽しくない練習では上達しない理由

タイトルに「上達しない理由!」なんて書いてますが、考えてみれば普通の事かもしれないと書いてて思いました。 楽しくない練習は上達しない、なぜか? 上達していないからです。(?!) Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク…

「今まで部員を敵だと思ってました!」合奏で思うように吹けなかった理由。

トランペットの生徒さん 「先輩や他の部員に音を聞かれてると思うと上手く吹けないんです」 「皆に聞かれててもちゃんと吹けるようになりたいです・・・」 個人練習では調子良いのに、大部屋での練習や合奏になると吹けなくなってしまうお悩み。良くあります…

「考える事が多くて大変ですね」←練習で頑張ると本番で役立つ。

アレクサンダー・テクニークのレッスンや僕のレッスンではまに「考る事多くて大変ですね」と言われます。 ですが、普段の練習からこういった事を意識しておけば 「個人練習では上手くいくのに合奏では上手く行かない」 「あがり症で本番頭が真っ白のまま演奏…

レッスンを受ける際に意識したい事「先生の言葉を自分の言葉に」は危険?

レッスンの時、先生の話や説明を聞いていると「そうだったのか!自分でも出来そうな気がする!」とやる気が出て、今すぐ吹きたくなりますよね。 でも、そこで注意しないと逆に上達から遠のいてしまう事になるかもしれないんです。

自己否定的な発言を止めたい←無理に止めなくても良いんです。

レッスン後に生徒さんに 「自己評価が低くて、つい自己否定的な発言をしてしまい、止めたいです」 と相談を受けました。 音楽に限らず辛い時は口にしてしまいがちですよね。 「どうせすぐバテて吹けなくなる」 「どうせ自分は本番で上手くいかないんだ」 「…

自信は「自分自身への優しさ」から生まれる。

自信について、ツイッターでつぶやいた内容をもとに思いついた事をまとめてみました。 正直「僕は自信あります!」と宣言出来るほど自信がある訳ではありません。 ですが、ある程度の自信はあります。 もしかしたら密かな自惚れ屋な性格のおかげかもしれない…

「細かく数えられないから早くなった時にできないんだよ」←真実ではありませんでした。

前回の記事の続きです。 生徒さんの相談にのり、6/8拍子のところが上手くいかないとの事。 「こんなの小学生でもできる」←どうしたら出来るようになるかを教えて! - サトウトクヤの知ってトクするアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる…

「先生モード」やめました。

先日アレクサンダー・テクニークの授業で「生徒にトランペットを教える」というのを見てもらいました。 自分なりにアレクサンダーを使い、生徒さん役のクラスメイトに普段通りレッスン(2、3分くらいですが)しました。 先生「どうでしたか?」 私「一瞬『教え…

生徒を助けたい余り、追い詰めてしまう事も。

学生の頃、後輩にアドバイスする時こういう傾向にありました。 最近もたまーにあります。 助けになりたい、良くなって欲しいと思うあまり意見を押し付ける形になっていたのかもしれない。無意識に相手の過去の努力を否定してしまったのかも。 アレクサンダー…

吹奏楽部内・バンド内の温度差について

団体行動をするなら必ず出てくる問題の1つに、バンド内の温度差がありますね。 なんで皆やる気がないのか、生徒達はまじめに取り組んでくれないのか。 楽器を演奏する・部活に入る=みんな真面目に練習するもの! コンクールを目指さないのはおかしい! そん…

音大生Mさんの質問3「もっと自分の可能性を信じられるようになりました!」それさえ解決すれば全て上手くいくという思い込み。

Mさんとのやりとり、これで最後です。 最初はあがり症から力んでバテてしまうというご相談でした。 緊張で口の中が渇き結果バテてしまうと思われていましたが、原因は他にあったみたいです。 あがり症だから力んでバテてしまっていたのか? 無意識な習慣がバ…

音大生Mさんの質問1「最近バテや力みやあがり症などに大変悩んでおります。」

ツイッターのフォロワーさんからメッセージを頂きました。 初めまして、○○音楽大学、新四年生のMと申します。 トランペットを吹いておりますが、最近バテや力みやあがり症などに大変悩んでおります。 いろいろ調べていたところこちらにたどり着きました。お…

成功体験を積み重ねなくとも自信はつく。

アレクサンダー・テクニークのレッスン中 「自信は成功体験を積み重ねていけば身につくモノではなく、自分を信じた時に身につくんだよ。バンジージャンプだ!」 というような事を言われて、ハッとした事がありました。

謙遜上手な日本人、謙遜ばかりしていたら上達しない理由。

日本人は褒められると大半の人がいやいや〜と謙遜してしまいますよね。 素直に受け取ると「図々しい、調子に乗っている、勘違いしてる」と思われるのではないか? と心配してしまうからだとは思いますが、それは思い込みです。 近しい人の褒め言葉は素直に受…

一音も出さなくとも、曲は進みあなたは拍手をもらえる

~2014/12/2 極端な話ですが、他の人が演奏し続けてくれていれば自分は何をしていなくても最後の小節はやってくる、無事に曲を終える事が出来る。

演奏は誰の為に演奏するもの?お客さんやお世話になった先生の為も良いですがその前に。

前々から少し引っかかっていたセリフがあります。 「〜〜な演奏は作曲者に失礼だ」「お客さんのために演奏しましょう」「〜〜先生に金賞プレゼント出来なかった・・・」というもの。 皆さんは誰のために演奏していますか? 色々な思いで演奏されている方がい…

良くない指導(方法)なら、攻撃しても良いと思っていませんか

アレクサンダー・テクニーク、結構音楽界に浸透しつつあり嬉しいです。 それと同時に、度々感じてた事を前につぶやいてたのでまとめてみました。 人をけなしたり、皮肉った表現をしつつ「私は正しいんだよ」と言われても戸惑ってしまいます。例えあなたが正…

「練習方法の見直し」世の中に正しい事や間違っている事は無い。

ただ、やりたい事とやりたくない事はある。 という事に年末気付きました。 年末に投稿した記事の考えから発展したような気もします。 自分のやりたい事を正しい事と思い込んでしまうと、誰かのやりたい事を間違ってる事と思ってしまう。 「その人にとっては…

「楽器を続けるか迷っています・・・演奏会を終える度にやめたくなります。」

先日、大学自体に所属していたビッグバンドサークルの定期演奏会がありました。 私はOBOGステージにリード・トランペットとして参加し、スランプに陥って以来久しぶりに楽しく演奏をする事が出来ました。 アレクサンダー・テクニークや今のトランペットの先…

良い悪いでなく、自分を相手を「ただ認める事」の大切さ

あなたの周りにイヤな人、失敗ばかりで足を引っ張っている人はいますか? すぐ怒ったり落ち込んだり、誰かに嫉妬・否定しては自己嫌悪する自分がいますか? その人はダメな人ですか?そんな自分が嫌いですか? 人や自分にピリピリしているととても疲れますよ…

「音楽って楽しくなるものなのに、苦しくなったり鬱になるのはおかしいですよね。」

音楽活動をされている人の中には、思うように演奏出来なかったり、周りからのプレッシャーから緊張してしまったり、何らかの問題を抱え苦しみながら演奏活動されている方が多くいらっしゃいます。 私もその一人でした。(と言っておきます。後述します。) タ…

「言われた通り練習しなかったからだ」と 言われて「自分が悪いんだ」と思う前に。

上手くいかない時はつい何かに頼りたくなりますが、頼りっぱなしでは自身の成長に繋がらない・・・私にも当てはまるところがあります。 フォロワーさんのつぶやきを見て、友人が思い浮かび書いてみました。 きちんと練習してるのに「言われた通り練習しなか…

先輩に「君の音汚いよね」と言われてイライラする前に

こういう台詞を実際に言われた、聞いた、あるいは言ってしまった経験のある方いらっしゃるかと思います。 先生に言われたらシュンと落ち込んでしまうかもしれませんが、歳の近い先輩などに「君の音汚いよね」と言われたら「何でそんな事言う!?」となり、イ…

古い習慣をやめたい時に知っておきたい事。

古い習慣や悪いクセをやめたい時に頭の中に入れて置いて欲しい事です。 幾つかありますが「上手くいっている感覚」を手放す必要があるという事。 この記事の内容。 「上手くいっている感覚があると間違った方向にいっている可能性がある」 「それは本当に新…

昔のアンブシュア、今のアンブシュア、理想的なアンブシュア

ふと、調子良かった時の昔のアンブシュアとか奏法に拘ってる自分がおかしくて笑ってしまいました。 この記事の内容。 「調子良かった頃のアンブシュアを再現しても結局それは記憶を頼りに作った今のアンブシュア」「今のアンブシュアを受け入れた方が良い結…

問題を解決する時、必ずしも原因を追究し直す必要はない~NOプランからYESプランへ~

たとえば、あなたがスランプに陥ってしまったとします。 前まで自由に吹けていたのに急になぜ?!当然のことながら困惑すると思います。そして次の行動は「原因は何だろう??」と思い何が原因なのか考え始めるのではないでしょうか。

頭で理解する事と、腑に落ちる事と、実際に体験してから理解する事は違う。

何かを教える時に、教わる時にこの考えがあると役に立つかもしれません。 1つ、人生は有限であるという事を例に話します。

「あれって思うことがあるならば、直感を大事にね」

トランペットに限らず迷った時は 歴史 道具(楽器等)の使用者の数 方法・情報(奏法・教本等)の採用者の数 その理論を納得できるか 等が判断基準になるのかなと思います。そして実際にそれで結果が出てる方に出会えたり、自分で体感出来たら最高だと思います。…

なぜ勝ち負けにこだわるのか、自分で優劣を付けるのか

アレクサンダー・テクニークを学び始め、自分の心の殻をはがしていく過程で「何かと争う生き方はやめよう」と思った事がありました。 小さな事で悩んで時間を費やすくらいなら楽しい事に時間を使いたいと思ったからです。何か他にもあったようにも思いますが…

感覚も大事?~感覚の消費期限~

前回の記事で感覚的評価はあてにならないという事を書きました。 書いたばかりでなんですが、感覚が当てになる時もあるという事を書きたいと思います。(今後考えが変わるかもしれません。) 私がアレクサンダー・テクニークを学んでいるBODY CHANCEスタジオで…

スランプの時、昔の感覚を頼っても上手くいかない理由

スランプの時って皆さんどんな事をされていますか? 僕が昔音が出ずスランプになった時に良くやっていたのは 「ブレスが不十分だからだ、もっと吸おう!」 「沢山吸えた時はろっ骨が拡がって胸が持ち上がっていたから、あの時みたいに拡げて持ち上げよう!」…

自分が本当にやりたい事

やる気が出なかったり、実はやりたくない事だと気付いた時、本当に自分のやりたい事は何なのか?を再確認するため、少し自問自答してみたいと思います。 自分の好きな事は? 音楽、映画鑑賞、スポーツ、旅行、寝る事、食べる事、家族・友人と一緒にいる事・…

やる気が出ない・・・その原因、理由とプチ解決策。

最近やる気が出ず、どうしたものかな~?と思いながら考えたり、調べた内容のまとめです。 やらなくてはいけない事があるのにやる気がでない時、そんな自分を「なまけもの」「気合いが足りない」「たるんでいる」「心が弱いからだ」と決め付けてふさぎ込んで…

頭・身体全部が動けると思って←思っているつもりになっていた

こないだの日曜に合奏がありました。 とはいうものの、個人練習の時に比べると結果は良いとは言えず。 身体全部で呼吸が出来ていない、マウスピースがどんどん下の位置へ、上唇にひっかけて無理やりハイノート。なんで?アレクサンダー・テクニーク使ってい…

悪いのはだれ?

良い悪いではない、別の価値観へ。 人に何かを教える時、どうしても「良くしてあげよう!」なんて身構えてしまうんですよね。 教わる側も「分からなかった事教えてくれる!!凄く嬉しい!頑張 ろう!」なんてね。始めは楽しいでしょう、簡単な事から始めたら…

指導者が出来る事。生徒のやる気にどう対応するか。

ツイッターで「OBの先輩からのプレッシャー」というのを見て思う事があり。 私のサークルはOBさんが遊びにきても一緒に楽しくセッションするぐらいでした。強豪校でも無かったので指導される事も何かプレッシャーをかけられた事も ありあませんでした。ただ…

いつも通り演奏しましょう←いつも通りって何??

「練習でやってたように、いつも通りやろう!」演奏会前の舞台裏でよく聞く言葉です。 緊張を和らげるため、リラックスして望みましょう!という意味で使う方が多いと思いますが…いつも緊張してしまうという方、この言葉を聞いてどう思いますか? 「そうだね…