サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

呼吸・ブレス

肺活量を増やすために適度な運動を

楽器演奏者向けに書きますが、声楽家などにも? タイトルには肺活量と書きましたが、肺機能の向上ですかね、深いブレスのためにこんなのも良いんじゃないかな?という記事です。 特に走る事に関しては一部の吹奏楽界隈では「役に立たない」と言われています…

肺活量が少ない事のメリット、多い事のデメリット

肺活量が少ない事で悩んでいる方(特に子供や女性)がいると思ったので書いてみます。 (体が小さい=肺活量が少ないと思って検索する人が多いと思ったのでタイトルでは肺活量とありますが、正しくは全肺気量=全肺容量?の事です) この記事は長いですが先でも…

pBoneのススメ、トランペット吹きこそ買うべき?

トランペット吹きこそpBoneを買うべきなのでは?と思うようになったので書いてみます。 アンブシュア、ブレス、スタミナの改善・向上にピッタリかと。でも一般的には勧められていないと思いますし、これを読む多くの人が反対するかもしれません。 tokuya-tp.…

なんでも相談室2【感想4】「ハイGの壁」

第二回、金管なんでも相談室を開催しました。 その時の様子をシェアしてきましたが、今回で最後です。 今回の内容は少し踏み込んでる内容です、でも意識する事は中低音も同じ。 第1回の様子はこちら tokuya-tp.hatenablog.com tokuya-tp.hatenablog.com 目…

初心者のためのpBone入門~音の出し方から分解お手入れまで~

最近プラスチックのトロンボーン、「pBone(ピーボーン)」を吹くのにハマっています。 (pBoneミニはE♭管なので注意!) 最初はトランペット吹き向けに書いていたのですが、純粋に楽器未経験者のためのpBone入門記事にしました!組み立てから音出し、スライ…

なんでも相談室2【感想1】「ハイCが苦しい」→「ハイCにハリが出た」

第二回、金管なんでも相談室を開催しました。 よく見ると相談会だったり相談室だったり・・・少人数なので相談室の方がしっくりきますね(笑) 今回は4名の方にご参加頂きました。 その様子を少しですがシェアしたいとおもいます。 前回の様子はこちら tokuy…

ペダルトーンについて、ブレスと口輪筋を鍛えるトレーニング?

ペダルトーンの練習については賛否両論ありますね。 ペダルトーンは唇のマッサージ? ブレスのトレーニング? 唇の柔軟性? トランペットには必要ない? 最近気付いた事を書きます。 これが絶対そうだとは言い切れませんが、恐らくそうだ、というレベルです…

トランペット金管楽器のバテ・スタミナはブレスとプレスと○○筋のバランスで決まる

トランペットのバテ、スタミナについて書いてみます。 金管楽器全部に言える事かもしれませんが、基本トランペット目線。 金管奏者にしか分からない唇のバテ問題。 スタミナが欲しいと思う奏者はたくさんいると思います。 どうすればバテにくくなるのか。そ…

ブレスと指揮が合わない・・・この方法でアインザッツ合わせてみませんか?

吹奏楽から室内楽、オーケストラと指揮者、またはリーダーに合わせてブレスを取るのが一般的のようですが、少し違和感を覚えるので違う方法を提案します。 アインザッツを合わせるには呼吸を合わせる必要が本当にあるのだろうか。 Facebookページ「STp:サ…

肺活量の増やし方とブレストレーニング

肺活量とその増やし方について書きます。 管楽器に限らず声楽などにも役立つかも。 ただ、恐らく文章だけでは正しく伝わり切らないと思います。小さな変化にも気付けるセンスをお持ちであれば大丈夫だと思うので頑張ってください! tokuya-tp.hatenablog.com…

【ずっと悩んでいた事が解消されそう!】「高い音は唇や肩にとても力が入って、綺麗に音が出ません」

トランペットを吹かれている高校生のMさんから質問を頂きました。 (イニシャルがMの女性の方からよく質問頂くのはなぜでしょう?笑) 粘膜奏法だったのを改善したが、高音で上手くいかないという相談。 こんばんは! 突然すみません(>人<;)高校3年でトラ…

トランペットを息で満たしなさい、管いっぱいに息を入れなさい←チューバにも同じ事いえるの?

マウスピースのスロートは細いんだから細い息を入れなさい、は本当?の次に書こうと思っていた記事です。 tokuya-tp.hatenablog.com 楽器の管いっぱいに空気を満たすように吹きなさい。 これってトランペットだけに言われる事でしょうか? トランペットは実…

ノンプレス奏法について。身に付けるのは必要最低限なプレスだけじゃない

とあるフェイスブックページでノンプレス奏法についてと、僕が書いたブログ記事が話題になっていたので、新たに自分の考えを書いてみる事にしました。 ※この記事はノンプレス奏法を推奨する訳でも、否定する訳でもありません。 昔書いた記事。 プレスは歯で…

☆「喉を開いて」「あくびの様なブレス」「裏声で高音を吹く」は身体のここの事を言っている。

管楽器を演奏していると必ずと言っていいほど言われる「喉を開いて」 大きなブレスをするために「あくびの様なブレス」 高音が薄っぺらくならないために「裏声のように高音を吹く」 これらはノドの事を言っているようで、多分違う場所を指していたのではない…

2011年1月の呼吸についての日記

mixiから発掘してきました。 この時はスランプになる前、効率的な吹き方に切り替えた頃だったと思います。 ~~~~~~ 昨日は久しぶりに思いっきりトランペット吹けました。 その時に再認識したのが、体が緊張していると高音が鳴らない、出ないと言う事。 …

口先だけで吹かないためにハイBのブレスでローBを吹く

・口先で吹いている ・もっとお腹を使って吹きなさい ・お腹の支えがない なんて言われる方に 意味も分からず「たくさんブレスを取れ」と言われたり、取ろうとしている方にも Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

アンブシュアが崩れ易いor唇が厚いTp、Hr奏者に役立つブレスの方法

トランペットやホルン奏者の場合、マウスピースが小さいので人によってはブレスの度にアンブシュアが崩れたりします。 ブレス前とブレス後で音が安定しない、吹き直した時に安定しないのはアンブシュアが崩れているから、なんて事も良くあります。 崩れたま…

☆長いフレーズで息がもたない・息が吸えない人がやっている7つのこと

長いフレーズを吹き切るためにブレスについて書きます。 レッスンでは長いフレーズが吹けない、フルブレスや瞬間ブレスが出来ないという生徒さん多いのですが、幾つか共通してやっている事があるのでそれを書いてみます。 Facebookページ「トランペット奏者…

全音域を行き来するための息・お腹の支え

良く管楽器を演奏すると息の支えが必要だ、お腹の支えが必要だと言われます。 楽器を始めたての頃は覚えてないのですが、気付いたらいつも同じ動きをしていたのでお伝えします。 アレクサンダー・テクニークを用いて楽器を吹くと自然にこの動きになるので金管…

低音は重心を下に、高音では上に←片方は演奏の邪魔になる

今回は多くの音楽家がやりがちな演奏時の動きについてです。 曲のイメージや音域の変化に合わせて体も動かして表現される方って多いですよね。 吹奏楽では多く見られる気がします。 特に音域に合わせて ・低音は体(重心)を下にして吹く ・高音は体を上にして…

ATと体の事WS2015 体験レッスン5「やっとハイDが出るようになったんです。」←ハイF出ました。

体験レッスンその5、トランペットの佐藤未歩さん(武蔵野音大)の体験レッスン。 ワークショップで体験レッスンの時間を長く設けていたので、佐藤さん二回目のレッスンです。 (1レッスン分の参加費で講義だけでなく2回もレッスン受けられるのはこのWSだけ!笑)…

ATと体の事WS2015 体験レッスン3「フォルテで力が入って苦しくなる」

ワークショップでの体験レッスンその3 金管アンサンブルやオーケストラで活動されているバストロンボーンのMさん。 フォルテで力が入って苦しくなってしまうんです。 体が固まってるのは分かるんですが、どうすれば良いのかが分からないです。 ドレミファソ…

ATと体の事WS2015 体験レッスン1「ブレスをすると肩が痛くなります」

先日「金管楽器奏者に伝えたいATと体の事」と題したワークショップを開催しました。 tokuya-tp.hatenablog.com おかげさまで満員御礼!とても有意義な1日となりました。 講義の内容の途中や最後に体験レッスンとして、参加者の皆さんに簡単なレッスンを受け…

たくさん息を吸おうとする事で逆に起きてしまう弊害

たくさん息を吸う事を推奨され、フルブレス、ビッグブレスと言った言葉を聞いた事がある方も多いと思います。 息をたくさん吸えるに越した事はないのですが、そこに無理が生じると逆に好ましくない事が起きてしまう時もあります。 最近調子が悪いのは息を吸…

【講習会】金管楽器奏者に伝えたいATと体の事1Dayワークショップ

こんにちは。 トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師見習いのサトウトクヤです。 いつもブログを見に来てくださりありがとうございます。 ワークショップ(講習会)開催 来月になりますが、11月21日(土曜)に金管楽器奏者向けのワークショップを開催し…

胸を持ち上げる→空気の入る量が減る。

空気は肺に入る、肺は胸にある。 知ってる人からすれば当たり前ですが、お腹に息を入れろと未だに言われている人もいますよね。 息をお腹じゃなく胸、肺に入れると知っただけで大分楽になった人もいるかと思います。最近では、それが行き過ぎて逆に吸えてい…

圧を、振動を作りに行けば高音が出せる??

いつぞやのつぶやきのまとめ。 調子が良いとのびのびと呼吸が出来て、自覚は無いけど自然と圧も生まれる。唇も楽器と一体化したかのよう、振動や唇自体の感覚も(少)なくなる。 圧も振動も実際には生まれてるけど作りに行く(doingする)と固まる。 作りに行く…

11月3日 管楽器奏者のためのBTワークショップ ~呼吸とカラダのこと~

11月3日(月・祝日)に管楽器奏者のための呼吸とカラダについてのワークショップを開催する運びとなりました。 楽器演奏において常識的に言われている事も、実は実際のカラダの働きとは異なり、演奏の妨げになっている事が多く、どんなに練習しても改善しない…

呼吸法って何をすればいいのでしょうか?ほどよい脱力とは?

この記事はリライトしたいですね。 間違った事は書いてないのですが、今とは考えが変わってるかも こちらも参考に tokuya-tp.hatenablog.com トロンボーンを吹いているフォロワーさんから質問頂きましたのでご紹介します。 呼吸法って何をすればいいのでしょ…

「肩を上げるな!」「お腹に息を入れろ!」「たくさん息を吸え」「チェストアップ」について

呼吸する時に「肩を上げるな」というのは、無理に吸いこもうとして緊張した結果肩も上げてしまっているから。 息が入り自然に肩が上がってしまうのはOK 「お腹に空気を入れろ」は誤り。肺に空気がたくさん入ると胸腔内の圧力が高まり横隔膜ごと押し下げるの…