サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

ハイノート

演奏中に力んでしまうのはなぜ?←力が足りないからです。

アレクサンダー・テクニークを知っている人からすれば??かもしれませんが、最後まで読めば理解して頂けるかと思います。僕はこれでえらい苦労しました・・・。 もちろん余計な事をしている、というのもありますが。 高い音を、大きな音を吹くとつい力んで…

「アパチュアを小さく」というアドバイスで注意したい事

去年くらいから「アパチュアを小さくする」というアドバイスを見るようになりました。結構昔から言われているそうです。 アパチュアとは、金管楽器を吹いている時に唇の中央に出来る息の通り道(穴)の事です。 リップスラーを吹く時に、高い音を吹く時に、ペ…

「伝統的な奏法」と「現代の奏法」シラブルと楽器

前から書こうと思っていてなかなか書きあげるやる気が出なかった記事。 リップスラーの説明をする時にシラブル※はセットで話されますよね。 昔ながらの教則本にはシラブルについての説明付きの物が多いです。 でも、今の楽器に昔の教則本を当てはめても合わ…

ホルン吹きがトランペットを吹く、コンバートするとこもった音になる、高音が出難い件について

中学でホルンを吹いていて、高校でトランペットにコンバートした。 ホルン吹きだけど遊びでトランペットを吹いてみた。 という事あると思いますが 「トランペットだとこもった音になる」 「高音が出し難い」なんて事を聞きます。 慣れの問題なのかなと思って…

マウスピースの細い穴(スロート)に息を入れるんだから細い息じゃないといけない?

トランペット吹いてるとたまに聞くこの言葉。 「マウスピースの穴(スロート、ボア)は細いんだから、細い息で吹く必要がある」 「スロートが細いと抵抗が強くなるから高音が出やすくていいけどすぐバテに繋がる、息も入り難い」 逆に「スロートが太いと音量が…

浅いマウスピースが吹けないのは歯並び、厚い唇のせいではない。浅いマウスピースの吹き方

「浅いマウスピースだと唇がカップに触れて振動が止まるので吹けないんです」 「えぐりがないマウスピースだとバテた時に腫れた唇が触れて振動がストップする」 「唇が厚いのでリム内径の小さいマウスピースは吹けない」 「トランペットは西洋人向けに作られ…

息がつまるからスロート拡張をする?

マウスピースのスロート拡張について書いてみます。 色々な目的でされる方が多いですが、今回取り上げるのは高音域で息がつまるので息抜けを良くする目的でする場合です。 Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら(ト…

鳴らない楽器?従わせるのか、寄り添って吹くのか

今回は楽器のセッティングについて自分の考えを書いてみます。 結論から言うと「大体の好みが分かったら後は楽器に合わせて練習しましょう」です。 あるアレクサンダー・テクニーク教師が「人はより良いイスを買い求めるが、自分がどう座っているかには興味…

☆高音域・ハイノートこそ上唇にプレスを!

※今見るとこれはアンブシュア操作の1つですね。そしてピボット奏法を誤解していた頃のアイディアの様です。今は本番のここぞという場面でしか使いません。まったく使えない、悪いアイディアではありませんが、ブレスが育てば最終的に必要なくなります。(2017…

全音域を行き来するための息・お腹の支え

良く管楽器を演奏すると息の支えが必要だ、お腹の支えが必要だと言われます。 楽器を始めたての頃は覚えてないのですが、気付いたらいつも同じ動きをしていたのでお伝えします。 アレクサンダー・テクニークを用いて楽器を吹くと自然にこの動きになるので金管…

最高学年になり1stを吹かなくてはならないと焦ってる方へ

もうすぐ最高学年になり「1stを吹かなくてはならない」と焦ってる方いるかもしれません。 ですが、ここで「高音出せるようにならなくちゃ!」と無理して練習しても 良い結果は得にくいと思いますし、変なクセがついてしまうかもしれません。 まずは中低音を…

低音は重心を下に、高音では上に←片方は演奏の邪魔になる

今回は多くの音楽家がやりがちな演奏時の動きについてです。 曲のイメージや音域の変化に合わせて体も動かして表現される方って多いですよね。 吹奏楽では多く見られる気がします。 特に音域に合わせて ・低音は体(重心)を下にして吹く ・高音は体を上にして…

ATと体の事WS2015 体験レッスン5「やっとハイDが出るようになったんです。」←ハイF出ました。

体験レッスンその5、トランペットの佐藤未歩さん(武蔵野音大)の体験レッスン。 ワークショップで体験レッスンの時間を長く設けていたので、佐藤さん二回目のレッスンです。 (1レッスン分の参加費で講義だけでなく2回もレッスン受けられるのはこのWSだけ!笑)…

ATと体の事WS2015 体験レッスン4「ハイトーンが苦手」重心は下げずに、息の吸い過ぎ注意。

普通のB♭管、ロータリー、コルネットの3本をご持参された参加者Aさんの体験レッスン。 (持ち替えについて見て頂きたいと事前にご連絡を頂いていましたので、2回目のレッスンでは縦と横ラッパの持ち替えについても見てみました。) とにかくハイトーンが苦手で…

☆なぜリップスラーが高音の練習に、音域拡大に繋がるのか

どちらを先に読んでもいいのですが、新しく書いた記事もどうぞ。こちらの方がシンプルです。 tokuya-tp.hatenablog.com 高音が出ない時「リップスラーをやるといいよ」というアドバイスを聞いた事があるかと思います。 周りもそういった意見が多いですし、ツ…

息の量に頼らないハイノート練習法

昔ほどではないですが、今でも肺活量がないと高音は出せないと思ってる方多いと思います。 あれば有利かもしれませんが、男性などパワフルな人は力任せに出せてしまうので、無理な吹き方をし続けてしまっている方もいるかもしれません。 最近では、ハイノー…

本当に良い音で吹けていれば、高音は自然と出るようになる。

2か月前くらいにつぶやいた内容をまとめてみました。 ハイノートを出すにはどうしたら良いか?初心者にとっては共通の悩みだと思います。 がむしゃらに吹いてた時 昔はとりあえず「やりたい曲の最高音を出せるようにしないと!」と思い、細くても小さくても…

「本番になると出なくなる高音が出るようになった!」生徒さんのお話。

2017/5/2 先にこちらの記事を読んでみてください tokuya-tp.hatenablog.com 先日レッスンをした生徒さんのお話です。 高校生のOさん、本人の悩みはバテやすい、音域を伸ばしたいなどなど・・・。 2週間前に始めてレッスンをした時は特に問題なく吹けていまし…

「ハイGがストレス無く当たった。」他に何が起きても頭と脊椎の関係性を思い出す。

先日、エキストラで参加しているビッグバンドのリハがありました。 といっても昔所属していたバンドなので、久しぶりな面々とも会えてとても楽しい練習でした。 このバンドの選曲、リードトランペットがキツイんです・・・。 リード譜の最高音は基本ハイDで…

バジルさんのレッスンを見学(ピッコロトランペット)

先日は新宿BODY CHANCEスタジオにて、バジルさんのベーシックコース(一般グループレッスン)を見学してきました。 私自身の成長が垣間見えたので(笑)記録がてら書きとめます。 ピッコロトランペット 学生さんでしょうか?BODY CHANCEにも何度か通われてるよう…

圧を、振動を作りに行けば高音が出せる??

いつぞやのつぶやきのまとめ。 調子が良いとのびのびと呼吸が出来て、自覚は無いけど自然と圧も生まれる。唇も楽器と一体化したかのよう、振動や唇自体の感覚も(少)なくなる。 圧も振動も実際には生まれてるけど作りに行く(doingする)と固まる。 作りに行く…

西洋人向けの楽器だから・・・私は女だから・・・

トランペットに限らず楽器を演奏しているとこんな言葉をたまに聞きます。 「西洋人向けの楽器だから日本人には難しい」 「子供だから、女性だから体力がない、大きい・高い音が出ない」 ピアノやヴァイオリン等の弦楽器でも言われるのでしょうか?僕は聞いた…

トランペットを吹く前に息を沢山吸わないといけない?→実はもう吸っている。

最近、トランペットや他の管楽器は「沢山の息を使って音を出す楽器」じゃなくて「身体全体を使って音を出す楽器」なんだと思うようになりました。 ちまたでは「息をたくさん吸え!」って散々言われてますし、僕も調子良い時は沢山吸えていたので「たくさんの…

トランペットで倍音を含んだ音を出すためのアイディア

トランペットの高音は魅力的ですが、一生懸命頑張って出しても細くて他の管に消されてしまうようなハイノートでは勿体ないですよね。 はじめの頃は、出そうとして唇を横に引いたり、過剰なプレスをする等無理やり出しては結果細くなったり音量が出ない・・・…

向出さんのアレクサンダー・テクニークレッスン

昨日はひょんな事から、トランペット奏者の向井聡さんに疑似レッスンをさせて頂きました。・・・とても緊張しました。 つい先日、バジルさんのセミナーに参加されたばかりだそうで、その日消化しきれなかった事への質問を受けたり、新たに気付いた事に対して…