サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

トランペット初心者の皆さんへ

【写真付き解説】金管楽器のマウスピース

金管楽器のマウスピースについて。 tokuya-tp.hatenablog.com 目次 マウスピースの名称 リムについて ラウンドリム ⇔ フラットリム ワイドリム⇔ナローリム バイト(インナーエッヂ) アンカーグリップ カップについて カップの深さ、浅さ Cカップ、Vカップ、…

金管楽器のアンブシュア

アンブシュアについて基本的な事を書きます。 最初にこのページから読んでもらえればと思います。 目次 真ん中じゃなくてもいい 動いてもいい、同じ口で吹かなくてもいい 横に引かない?唇を巻かない?押し出さない? 口の中を広く?口を開けなさい? 「押し…

【動画】口の真ん中でトランペットを吹いていないプロ奏者たち

マウスピースは口の真ん中に当てなさい。問題。 マウスピースの位置の話。 少し右にずれてる、左にズレてる、上に当て過ぎだから下げなさい、下過ぎるから上げなさい・・・なんて事に悩む人は多いですが、ど真ん中で吹いてる人は恐らくこの世にはいないでし…

独学でトランペットを学ぶ際に役立つ書籍、本

個人的にトランペットを学ぶ際に役立つ本を紹介します。 ここで紹介するのは楽譜が載っている教則本、エチュード本ではなく、指南書、ガイドブックです。どんな練習をしているのか?よりも何を考えて練習しているのか?を知る事が大事なので、こういうった書…

肺活量の増やし方とブレストレーニング

肺活量とその増やし方について書きます。 管楽器に限らず声楽などにも役立つかも。 ただ、恐らく文章だけでは正しく伝わり切らないと思います。小さな変化にも気付けるセンスをお持ちであれば大丈夫だと思うので頑張ってください! Facebookページ「STp:サ…

【初心者におススメのマウスピース】トランペットビギナーはこれから選べ!

真夜中に書いたので深夜のテンションで、少しアレなブログっぽいタイトルにしてみました。 もちろんこの通りにする必要はないのですが、やっぱり中高生のマウスピース選びって顧問なり外部指導者なりの、古い伝統や考えに囚われすぎているような気がするので…

マウスピースの扱い方・お手入れ方法「マウスピースをねじ込むのはやめて・・・」

マウスピースの扱い方やお手入れの方法について書いてみます。 タイトルは個人的な願いなのでそれがダメって訳ではないです。 でもデメリットが多い様な? 個人的に思っている事なので、良いなと思ったら採用してください! トランペット本体はこちら tokuya…

演奏中に力んでしまうのはなぜ?←力が足りないからです。

アレクサンダー・テクニークを知っている人からすれば??かもしれませんが、最後まで読めば理解して頂けるかと思います。僕はこれでえらい苦労しました・・・。 もちろん余計な事をしている、というのもありますが。 高い音を、大きな音を吹くとつい力んで…

レッスンをなぜ受ける?レッスンは方法を学ぶ場じゃない、質を学ぶ場でもない

レッスンの受け方について自分なりに思った事を書いてみます。 タイトルはちょっと言い過ぎました。 レッスンは何のために受けるのでしょうか? 上達したいから受けるんですけど、当たり前ですがレッスンを受ければ上達するわけではありません。 レッスンで…

「アパチュアを小さく」というアドバイスで注意したい事

去年くらいから「アパチュアを小さくする」というアドバイスを見るようになりました。結構昔から言われているそうです。 アパチュアとは、金管楽器を吹いている時に唇の中央に出来る息の通り道(穴)の事です。 リップスラーを吹く時に、高い音を吹く時に、ペ…

トランペットを息で満たしなさい、管いっぱいに息を入れなさい←チューバにも同じ事いえるの?

マウスピースのスロートは細いんだから細い息を入れなさい、は本当?の次に書こうと思っていた記事です。 tokuya-tp.hatenablog.com 楽器の管いっぱいに空気を満たすように吹きなさい。 これってトランペットだけに言われる事でしょうか? トランペットは実…

積極的に吹いてバテを解消しよう!アクティブレストを取り入れる

今回はバテについて。 唇がバテたらどうしますか? 多くの方は吹くのをやめると思います。 ですが、ただ吹くのを止めると場合によっては余計に吹き難くなってしまうのではないかと思います。 目次 なぜ音出し、ウォーミングアップをするか バテた時に休むと…

【動画紹介】トランペット(金管)のアンブシュアを形成する4つのステップ

一部ネット上で人気?のチャーリー・ポーターさんの動画を紹介します。 チャーリーさんが実演を交えつつマウスピースの当て方を4つのステップに分けて説明しています。またウィントン・マルサリスやドク・セバリンセンといった名手の実際の動きもスローモー…

トランペット・フリューゲルホルンの置き方

先日、「某アニメのユーフォニアムの置き方が危ない」と指摘している画像をツイッターで見ました。 その置き方とは机の上にユーフォニアムを横にして置いているもので、ベルに凹みを作る危険性がありました。 これはトランペットにも言える事なので、トラン…

おすすめのトランペットスタンド

おまちかね、アフィリエイトのコーナーです 使用者視点から、良い所・気になる所を正直に書いてます。 それぞれ何を求めるかでお選びください。 長くなったので別の記事にしました。 スタンドを使わない置き方についてはこちら tokuya-tp.hatenablog.com 目…

【写真付】トランペットの洗浄、お手入れ方法。掃除道具も紹介。

最近は楽器のお手入れ記事ばかり書いてます。 今回は自己流+ネットで見て良いと思った洗浄方法、お手入れ方法などを書きました。 自分はこうやってる!なんてご意見・アドバイスなど大歓迎です。 Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこち…

フェルトやピストンバルブを丸ごと洗ってはいけない理由

たまにトランペット洗いました!という投稿をSNSなどで見るのですが、個人的に気になる写真がちらほら。 一番気になるのが、ピストンバルブを丸ごと洗浄している写真なんですが、どうなんでしょう?フェルトを洗ってる人もいますが・・・。 Facebookページ「…

【必読】シルバーポリッシュ、ラッカーポリッシュの使い方

楽器の見た目を悪くする銀メッキハゲ、ラッカー塗装ハゲ。見た目だけで無く放っておくと楽器に穴が開くことも。 これらを防ぐためにも正しい使い方で楽器を磨いてあげたいものです。シルバーポリッシュとラッカーポリッシュは使用する目的が違います。特にラ…

マウスピースの細い穴(スロート)に息を入れるんだから細い息じゃないといけない?

トランペット吹いてるとたまに聞くこの言葉。 「マウスピースの穴(スロート、ボア)は細いんだから、細い息で吹く必要がある」 「スロートが細いと抵抗が強くなるから高音が出やすくていいけどすぐバテに繋がる、息も入り難い」 逆に「スロートが太いと音量が…

ネット上の奏法などの情報との付き合い方

昨今(さっこん:初めて使いましたこの言葉)、インターネット上には様々な情報であふれかえっています。 日常生活のお役立ち情報から医療分野の専門的な知識まで。音楽においても演奏会情報から楽器や奏法の事まで。ここで気になってくるのが情報過多により何…

☆「これをしたら出来るようになる」思考はやめて、代わりに思いたい事

ロングトーンをしたら音が安定する、綺麗になる。 リップスラーをしたら高音が得意になる、トリルが出来るようになる。 タンギング練習をすればタンギングが速くなる、歯切れ良くなる。 これらは半分正解で半分間違いです。 Facebookページ「トランペット奏…

「調子が安定せず悩んでいます」→中音域が楽に

中学校でトランペットを吹いている方からの質問です。 前回の記事と似た内容で調子の波があるとの事です。 その他似たような症状 tokuya-tp.hatenablog.com 3/18 トランペットを毎日ふいているんですが、調子が安定せず悩んでいます。調子が良い日はhighCぐ…

「調子のいい日、悪い日があり音が全く変わります」→1日吹いてもバテなくなった。

中学校でトランペットを吹かれている方からのご質問 マウスピースは真ん中じゃないとダメとか、音域によってアンブシュアや口が変わったらいけないとか、そんな事はないと思います。 tokuya-tp.hatenablog.com 3/15 こんにちは、トランペット吹きの中学生で…

無理なくべルアップするための7つのポイント

トランペットやトロンボーン等を構える時、ベルアップするとカッコいいですよね。ですが人によってはベルアップが難しい人もいます。 トランペットやその他金管(もしかしたら木管も?)は歯並びによって口と楽器の角度がある程度決まってきます。普通に構えて…

外部講師を呼ぶタイミング

部活動や大学のサークルで、コンクール、コンテスト前に講師呼ぶところが多いと思います。 いつも思うのは、包丁の扱い方もろくに知らないのに盛り付け方を教わっても試せないという事です。 考えてみればシンプルな事だと思うのです。 つい先日包丁を持った…

最高学年になり1stを吹かなくてはならないと焦ってる方へ

もうすぐ最高学年になり「1stを吹かなくてはならない」と焦ってる方いるかもしれません。 ですが、ここで「高音出せるようにならなくちゃ!」と無理して練習しても 良い結果は得にくいと思いますし、変なクセがついてしまうかもしれません。 まずは中低音を…

ウォーミングアップは必要な時に必要なだけする

レッスンであった生徒さんとのやりとりから、ウォーミングアップについて色々と書いてみました。 午前中は調子良かったのに、昼休みを挟むと途端に吹けなくなってしまうんですがなぜでしょう? tokuya-tp.hatenablog.com Facebookページ「トランペット奏者の…

トランペットの皆さん、もっと口あけましょう※

tokuya-tp.hatenablog.com 最近レッスンで思っていた事と、順子さんの記事を読んで「口を広くする」について書いてみました。 トランペット奏者は逆に口を閉じ過ぎてバテに繋がっているのでは?と感じました。 フルート奏者、アレクサンダー・テクニーク教師…

ATと体の事WS2015 体験レッスン6「ムーっとこもった音になってしまう。」

国立音楽大学でトランペットを学ばれている谷村篤さんの体験レッスン。 個人レッスンにも定期的に通ってくださり、今回のワークショップにも参加してくださいました。 tokuya-tp.hatenablog.com 当初はアレクサンダー・テクニークがメインのレッスン内容でし…

Q、なぜ唇がバテてしまうのでしょうか?

A、バテるような吹き方をしてしまっているからです。 「どうすればバテないで吹けるようになりますか?」 その答えは人それぞれだと思います。 1番簡単に答えを得られる可能性が高いのはレッスンに行く事でしょうか。 1人で答えを見つけるには、ひたすら考え…