サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

アンブシュア

金管楽器のアンブシュア

アンブシュアについて基本的な事を書きます。 最初にこのページから読んでもらえればと思います。 目次 真ん中じゃなくてもいい 動いてもいい、同じ口で吹かなくてもいい 横に引かない?唇を巻かない?押し出さない? 口の中を広く?口を開けなさい? 「押し…

【動画】口の真ん中でトランペットを吹いていないプロ奏者たち

マウスピースは口の真ん中に当てなさい。問題。 マウスピースの位置の話。 少し右にずれてる、左にズレてる、上に当て過ぎだから下げなさい、下過ぎるから上げなさい・・・なんて事に悩む人は多いですが、ど真ん中で吹いてる人は恐らくこの世にはいないでし…

【動画】トランペット奏者のアンブシュアタイプまとめ(随時更新)

個人的にトランペット奏者のアンブシュアタイプをまとめてみようと思いました。 寝れない日に動画チェックしている&確実に見分けられている訳ではないので参考程度にどうぞ。好きな奏者のほとんどが中高位置タイプだったのは興味深いところ。 高確率でその…

すぐ効く?口内炎で悩むトランペット・管楽器奏者向け応急措置

管楽器吹きはマウスピースを口に当てたり咥えて吹くので悩みの種です。 1個出来るともう1つできて、その2つが合体して大きくなったり・・・ 僕も歯並びの関係でいつも同じところを噛んで悩まされています。 この記事では治すよりも痛みを消す・紛らわすにつ…

プレスのメリットとデメリット マウスピースの押し付けについて

この記事では世間一般的に言われているマウスピースの押し付け、プレスのデメリットの誤解を解いてきました(つもりです)。 tokuya-tp.hatenablog.com 頭ごなしにプレスを否定するのは良く無いですが、じゃあ本当のメリットは何なのか?また、その上でデメリ…

マウスピースの跡が付く=押しつけ・プレスしすぎ ではない

たまに 「マウスピースの跡が付くのは良くない吹き方だ」 「マウスピースを押しつけ過ぎ、プレスし過ぎ」 という意見を聞きますが、全てがプレスのせいではないと思います。9割近くはプレスのせいではないのでは? マウスピースの跡が付いていても上手い人は…

プレスをしても大丈夫な人、マウスピースを押し付けると痛くなる人

マウスピースの押しつけ・プレスについて。 プレスは必要だ、という意見は多いですが人によって程度は違います。 勘違いしたら唇が痛くなるくらいまでプレスしてしまう人もいそうですし、痛みを恐れてプレスをしなさ過ぎて逆にバテている人もいます。 プレス…

マウスピースの押しつけ・プレスが悪者扱いされた本当の理由

マウスピースの押しつけ、プレスについて書いてみます。 ずっと前から書こうと思っていたのですが・・・ 僕自身 1、プレスしちゃダメなのか 2、音出るならプレスしていいじゃん、バテないし 3、プレスはなるべくしない方がいいな(現在) と考えが変わっ…

ペダルトーンについて、ブレスと口輪筋を鍛えるトレーニング?

ペダルトーンの練習については賛否両論ありますね。 ペダルトーンは唇のマッサージ? ブレスのトレーニング? 唇の柔軟性? トランペットには必要ない? 最近気付いた事を書きます。 これが絶対そうだとは言い切れませんが、恐らくそうだ、というレベルです…

トランペット金管楽器のバテ・スタミナはブレスとプレスと○○筋のバランスで決まる

トランペットのバテ、スタミナについて書いてみます。 金管楽器全部に言える事かもしれませんが、基本トランペット目線。 金管奏者にしか分からない唇のバテ問題。 スタミナが欲しいと思う奏者はたくさんいると思います。 どうすればバテにくくなるのか。そ…

金管なんでも相談室【感想その3】「この歳でハイノートが吹けるようになるなんて!」

その3 先日、都内の音楽スタジオにて「サトウトクヤの金管なんでも相談会」を開催しました。 今回はあえてブログでは告知せず、メルマガにて先行告知、ツイッターで細々と告知していました。今までの講習会と違い少人数での開催となりましたが、その分1人に…

金管なんでも相談室【感想その2】「高音が苦手」→「初めてこんなに楽に出た!」

その2 先日、都内の音楽スタジオにて「サトウトクヤの金管なんでも相談会」を開催しました。 今回はあえてブログでは告知せず、メルマガにて先行告知、ツイッターで細々と告知していました。今までの講習会と違い少人数での開催となりましたが、その分1人に…

「アパチュアを小さく」というアドバイスで注意したい事

去年くらいから「アパチュアを小さくする」というアドバイスを見るようになりました。結構昔から言われているそうです。 アパチュアとは、金管楽器を吹いている時に唇の中央に出来る息の通り道(穴)の事です。 リップスラーを吹く時に、高い音を吹く時に、ペ…

【ずっと悩んでいた事が解消されそう!】「高い音は唇や肩にとても力が入って、綺麗に音が出ません」

トランペットを吹かれている高校生のMさんから質問を頂きました。 (イニシャルがMの女性の方からよく質問頂くのはなぜでしょう?笑) 粘膜奏法だったのを改善したが、高音で上手くいかないという相談。 こんばんは! 突然すみません(>人<;)高校3年でトラ…

積極的に吹いてバテを解消しよう!アクティブレストを取り入れる

今回はバテについて。 唇がバテたらどうしますか? 多くの方は吹くのをやめると思います。 ですが、ただ吹くのを止めると場合によっては余計に吹き難くなってしまうのではないかと思います。 目次 なぜ音出し、ウォーミングアップをするか バテた時に休むと…

【動画紹介】トランペット(金管)のアンブシュアを形成する4つのステップ

一部ネット上で人気?のチャーリー・ポーターさんの動画を紹介します。 チャーリーさんが実演を交えつつマウスピースの当て方を4つのステップに分けて説明しています。またウィントン・マルサリスやドク・セバリンセンといった名手の実際の動きもスローモー…

ホルン吹きがトランペットを吹く、コンバートするとこもった音になる、高音が出難い件について

中学でホルンを吹いていて、高校でトランペットにコンバートした。 ホルン吹きだけど遊びでトランペットを吹いてみた。 という事あると思いますが 「トランペットだとこもった音になる」 「高音が出し難い」なんて事を聞きます。 慣れの問題なのかなと思って…

マウスピースの細い穴(スロート)に息を入れるんだから細い息じゃないといけない?

トランペット吹いてるとたまに聞くこの言葉。 「マウスピースの穴(スロート、ボア)は細いんだから、細い息で吹く必要がある」 「スロートが細いと抵抗が強くなるから高音が出やすくていいけどすぐバテに繋がる、息も入り難い」 逆に「スロートが太いと音量が…

MF(メイナード・ファーガソン)マウスピースのすすめ

前回のブログでこんな記事を書きました。 tokuya-tp.hatenablog.com 浅いマウスピースは訓練次第で吹けるようになります。(使いこなせるかはその人次第ですが)特別な練習が必要なのではなく、どんな練習でも質の高い練習をしていけば吹けるようになると思…

浅いマウスピースが吹けないのは歯並び、厚い唇のせいではない。浅いマウスピースの吹き方

「浅いマウスピースだと唇がカップに触れて振動が止まるので吹けないんです」 「えぐりがないマウスピースだとバテた時に腫れた唇が触れて振動がストップする」 「唇が厚いのでリム内径の小さいマウスピースは吹けない」 「トランペットは西洋人向けに作られ…

ノンプレス奏法について。身に付けるのは必要最低限なプレスだけじゃない

とあるフェイスブックページでノンプレス奏法についてと、僕が書いたブログ記事が話題になっていたので、新たに自分の考えを書いてみる事にしました。 ※この記事はノンプレス奏法を推奨する訳でも、否定する訳でもありません。 昔書いた記事。 プレスは歯で…

☆ピボット奏法の大きな誤解「音域による楽器の角度変化について」

ピボット奏法、ピボット・システムって聞いた事ありますか? かんたんに言うと金管楽器の奏法の1つで、音域を変える時に役立つと言われる奏法、動きの事です。 ただ、バジルさんが翻訳された記事にもあるように、アメリカのトロンボーン奏者のドナルド・S・…

3つのアンブシュアタイプとペダルトーンについて思う事

3つのアンブシュアタイプを知り、今年思った事のまとめ FBやツイッターの書き込みを簡単にまとめたものなので読みにくいと思いますが。 tokuya-tp.hatenablog.com tokuya-tp.hatenablog.com 目次 2016/5/24~低位置タイプだと思っていた頃~ 2016/8/10~低位…

「Tp演奏で首に力が入り曲がってしまいます」アドバイス後→「結構疲れているのに高音が格段に楽でビックリ!」

音楽科に通う大学生からの質問とそのやりとりです。 中高位置タイプ(低位置も?)のアンブシュアの方は役立つかもしれません。 お久しぶりです。○○大学の○○です。 最近だいぶ以前より楽にトランペットが吹けるようになってきたのですが、首からの力が抜けなく…

低音で下唇が出そうになります→出してみたら?

先日レッスン中にトランペットの生徒さんから相談されました。 「下のドやその下を吹いているとマウスピースから下唇が出そうになるんです。」 金管において下唇は支えとか、振動はしないけど共鳴していると言いますよね。最初から下唇がハミ出ているなら別…

アンブシュアが崩れ易いor唇が厚いTp、Hr奏者に役立つブレスの方法

トランペットやホルン奏者の場合、マウスピースが小さいので人によってはブレスの度にアンブシュアが崩れたりします。 ブレス前とブレス後で音が安定しない、吹き直した時に安定しないのはアンブシュアが崩れているから、なんて事も良くあります。 崩れたま…

粘膜奏法の生徒さんのレッスン

今日のレッスン、初めての生徒さんでしたが満足してくださったみたいです。 最初に見た時から粘膜奏法だなと思いましたが特に言及せず、アレクサンダー・テクニークの原理を伝え、それを実際に楽器のレッスンに応用。それだけで音が自然に太く響くようになり…

「調子が安定せず悩んでいます」→中音域が楽に

中学校でトランペットを吹いている方からの質問です。 前回の記事と似た内容で調子の波があるとの事です。 その他似たような症状 tokuya-tp.hatenablog.com 3/18 トランペットを毎日ふいているんですが、調子が安定せず悩んでいます。調子が良い日はhighCぐ…

「調子のいい日、悪い日があり音が全く変わります」→1日吹いてもバテなくなった。

中学校でトランペットを吹かれている方からのご質問 3/15 こんにちは、トランペット吹きの中学生です(*^-^*) 質問なのですが、私は毎日吹いていると調子のいい日、悪い日があり音が全く変わります。調子が悪い日はどんな練習法や対策をしたらよいでしょう…

☆高音域・ハイノートこそ上唇にプレスを!

最新記事、是非読んで頂きたいです。 tokuya-tp.hatenablog.com スタミナ、バテ問題についてはこちら tokuya-tp.hatenablog.com ※今読み返すとこれはアンブシュア操作の1つですね。そしてピボット奏法を誤解していた頃のアイディアの様です。今は本番のここ…