サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

アンブシュア

【ずっと悩んでいた事が解消されそう!】「高い音は唇や肩にとても力が入って、綺麗に音が出ません」

トランペットを吹かれている高校生のMさんから質問を頂きました。 (イニシャルがMの女性の方からよく質問頂くのはなぜでしょう?笑) 粘膜奏法だったのを改善したが、高音で上手くいかないという相談。 こんばんは! 突然すみません(>人<;)高校3年でトラ…

積極的に吹いてバテを解消しよう!アクティブレストを取り入れる

今回はバテについて。 唇がバテたらどうしますか? 多くの方は吹くのをやめると思います。 ですが、ただ吹くのを止めると場合によっては余計に吹き難くなってしまうのではないかと思います。 Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

【動画紹介】トランペット(金管)のアンブシュアを形成する4つのステップ

一部ネット上で人気?のチャーリー・ポーターさんの動画を紹介します。 チャーリーさんが実演を交えつつマウスピースの当て方を4つのステップに分けて説明しています。またウィントン・マルサリスやドク・セバリンセンといった名手の実際の動きもスローモー…

ホルン吹きがトランペットを吹く、コンバートするとこもった音になる、高音が出難い件について

中学でホルンを吹いていて、高校でトランペットにコンバートした。 ホルン吹きだけど遊びでトランペットを吹いてみた。 という事あると思いますが 「トランペットだとこもった音になる」 「高音が出し難い」なんて事を聞きます。 慣れの問題なのかなと思って…

マウスピースの細い穴(スロート)に息を入れるんだから細い息じゃないといけない?

トランペット吹いてるとたまに聞くこの言葉。 「マウスピースの穴(スロート、ボア)は細いんだから、細い息で吹く必要がある」 「スロートが細いと抵抗が強くなるから高音が出やすくていいけどすぐバテに繋がる、息も入り難い」 逆に「スロートが太いと音量が…

MF(メイナード・ファーガソン)マウスピースのすすめ

前回のブログでこんな記事を書きました。 tokuya-tp.hatenablog.com 浅いマウスピースは訓練次第で吹けるようになります。(使いこなせるかはその人次第ですが)特別な練習が必要なのではなく、どんな練習でも質の高い練習をしていけば吹けるようになると思…

浅いマウスピースが吹けないのは歯並び、厚い唇のせいではない。浅いマウスピースの吹き方

「浅いマウスピースだと唇がカップに触れて振動が止まるので吹けないんです」 「えぐりがないマウスピースだとバテた時に腫れた唇が触れて振動がストップする」 「唇が厚いのでリム内径の小さいマウスピースは吹けない」 「トランペットは西洋人向けに作られ…

ノンプレス奏法について。身に付けるのは必要最低限なプレスだけじゃない

とあるフェイスブックページでノンプレス奏法についてと、僕が書いたブログ記事が話題になっていたので、新たに自分の考えを書いてみる事にしました。 ※この記事はノンプレス奏法を推奨する訳でも、否定する訳でもありません。 昔書いた記事。 プレスは歯で…

☆ピボット奏法の大きな誤解「音域による楽器の角度変化について」

ピボット奏法、ピボット・システムって聞いた事ありますか? かんたんに言うと金管楽器の奏法の1つで、音域を変える時に役立つと言われる奏法、動きの事です。 ただ、バジルさんが翻訳された記事にもあるように、アメリカのトロンボーン奏者のドナルド・S・…

3つのアンブシュアタイプとペダルトーンについて思う事

3つのアンブシュアタイプを知り、今年思った事のまとめ FBやツイッターの書き込みを簡単にまとめたものなので読みにくいと思いますが。 2016/5/24~低位置タイプだと思っていた頃~ 最近改めてアンブシュアの上下比率に思うところが。 basilkritzer.jp この…

「Tp演奏で首に力が入り曲がってしまいます」アドバイス後→「結構疲れているのに高音が格段に楽でビックリ!」

音楽科に通う大学生からの質問とそのやりとりです。 中高位置タイプ(低位置も?)のアンブシュアの方は役立つかもしれません。 お久しぶりです。○○大学の○○です。 最近だいぶ以前より楽にトランペットが吹けるようになってきたのですが、首からの力が抜けなく…

低音で下唇が出そうになります→出してみたら?

先日レッスン中にトランペットの生徒さんから相談されました。 「下のドやその下を吹いているとマウスピースから下唇が出そうになるんです。」 金管において下唇は支えとか、振動はしないけど共鳴していると言いますよね。最初から下唇がハミ出ているなら別…

アンブシュアが崩れ易いor唇が厚いTp、Hr奏者に役立つブレスの方法

トランペットやホルン奏者の場合、マウスピースが小さいので人によってはブレスの度にアンブシュアが崩れたりします。 ブレス前とブレス後で音が安定しない、吹き直した時に安定しないのはアンブシュアが崩れているから、なんて事も良くあります。 崩れたま…

粘膜奏法の生徒さんのレッスン

今日のレッスン、初めての生徒さんでしたが満足してくださったみたいです。 最初に見た時から粘膜奏法だなと思いましたが特に言及せず、アレクサンダー・テクニークの原理を伝え、それを実際に楽器のレッスンに応用。それだけで音が自然に太く響くようになり…

「調子が安定せず悩んでいます」→中音域が楽に

中学校でトランペットを吹いている方からの質問です。 前回の記事と似た内容で調子の波があるとの事です。 その他似たような症状 tokuya-tp.hatenablog.com 3/18 トランペットを毎日ふいているんですが、調子が安定せず悩んでいます。調子が良い日はhighCぐ…

「調子のいい日、悪い日があり音が全く変わります」→1日吹いてもバテなくなった。

中学校でトランペットを吹かれている方からのご質問 3/15 こんにちは、トランペット吹きの中学生です(*^-^*) 質問なのですが、私は毎日吹いていると調子のいい日、悪い日があり音が全く変わります。調子が悪い日はどんな練習法や対策をしたらよいでしょう…

☆高音域・ハイノートこそ上唇にプレスを!

※今見るとこれはアンブシュア操作の1つですね。そしてピボット奏法を誤解していた頃のアイディアの様です。今は本番のここぞという場面でしか使いません。(2017/3/15) tokuya-tp.hatenablog.com 最近の練習や指導中に気付いた事をシェアします。 何を言って…

タンギングが苦手になる習慣

前回の記事ではタンギングが上手くいかない理由について書きました。 tokuya-tp.hatenablog.com 今回はなぜそれが起きるかを幾つか書いていきます。 これらが絶対ではないので正しくは「タンギングが苦手になる可能性のある習慣」ですね。 Facebookページ「…

トランペットの皆さん、もっと口あけましょう※

最近レッスンで思っていた事と、順子さんの記事を読んで「口を広くする」について書いてみました。 トランペット奏者は逆に口を閉じ過ぎてバテに繋がっているのでは?と感じました。 フルート奏者、アレクサンダー・テクニーク教師の嶋村順子先生のブログ (僕…

ATと体の事WS2015 体験レッスン6「ムーっとこもった音になってしまう。」

国立音楽大学でトランペットを学ばれている谷村篤さんの体験レッスン。 個人レッスンにも定期的に通ってくださり、今回のワークショップにも参加してくださいました。 tokuya-tp.hatenablog.com 当初はアレクサンダー・テクニークがメインのレッスン内容でし…

ATと体の事WS2015 体験レッスン2「前歯を揃えようとアゴを前に突き出すと痛くなるので直しています。」

ワークショップでの体験レッスンその2 ATを共に学び、吹奏楽部で顧問をされているオノレイさんとのレッスン。 rapparapa.at.webry.info 前歯を揃えようとしてアゴが痛くなっていたのを直している。楽器の角度も気になる。 前に楽器の角度を「こうやったら上…

プレスをどの歯で受けるか~マウスピースの三点支持

世の中には外側から見たマウスピースの位置やアンブシュア議論など色々あります。 今回はその奥の歯について考えてみたいと思います。 マウスピースを支えるのはアンブシュア、唇だけでしょうか? その奥にある歯もそうですよね、歯はアンブシュアの土台の一…

粘膜奏法はどこまで演奏に影響を及ぼすのだろう?唇のリード作りは必要なのだろうか?

2017/5/2 粘膜奏法で検索するとこの記事が上位にヒットするので加筆します。 アンブシュアは筋肉の習慣 まずアンブシュアは唇という筋肉の使い方の習慣・結果です。 唇が出ていようが収まっていようが、粘膜奏法だろうが何だろうが特に問題も無く適切に機能…

【脱・粘膜奏法】~アンブシュア・アップデートキャンペーン~

2017/5/2 tokuya-tp.hatenablog.com いつもブログを見に来て下さってありがとうございます。 トランペットのサトウトクヤです。 以前に新春サービスという事でキャンペーンを行ったところ、すぐ定員に達し新たに多くの方にレッスンをさせて頂きました。 そこ…

アンブシュアに必要なモノ

現時点で私が金管のアンブシュアに必要だと思っている要素を挙げていきます。 最近「アンブシュアは形ではない」と色々言われるようになってきていますね。 アンブシュアは形ではなく「音を出している唇周辺の状態」だと思っています。 何もしない唇 リムと…

口内炎が気になる時

2週間ほど前、下唇のちょうどリムが当たる場所を噛んで口内炎を作ってしまいました。 そこが気になって吹けない、そこさえ治れば吹けるのに・・・と思うけど、もっと大事なとこは他にあるんだなーとアレクサンダー・テクニークのレッスンで気付けました。

「本番になると出なくなる高音が出るようになった!」生徒さんのお話。

2017/5/2 先にこちらの記事を読んでみてください tokuya-tp.hatenablog.com 先日レッスンをした生徒さんのお話です。 高校生のOさん、本人の悩みはバテやすい、音域を伸ばしたいなどなど・・・。 2週間前に始めてレッスンをした時は特に問題なく吹けていまし…

あなたのクセは、今まで積み重ねてきた素晴らしい習慣。

2014年のGW、ヴィヴィアン先生(チェリスト、アレクサンダー・テクニーク教師)に「マウスピースを当てたらすぐ吹きなさい」と言われたのを思い出し、土曜日に色々試していました。 「クセがあっても良い音は出せる」 「クセ=悪い習慣ではない」 「なかなか受…

☆バテて音がプスって止まるのはなぜ?歯で唇が痛くなるのはプレスのせい?

音がプスって止まるのはプレスか息が足りず、代わりに唇を締めているから。息が足りない理由の一つに腕の使い方が関係している。 もしくは最初のセッティングの時点で唇が開いていて、その後の良い閉じ具合が分からず力んでいるからなのでは?と思っています…

ペダルトーンやMF等の小さすぎるマウスピースから学んだ事

この記事は長いので、先にこの記事↓を読むと良いかもしれません。 tokuya-tp.hatenablog.com トランペットのマウスピースには沢山の種類あるので、それぞれに合った吹き方があると思います。 ただ、いわゆるトランペットの吹き方の共通点はあるのかな?と、…

昔のアンブシュア、今のアンブシュア、理想的なアンブシュア

ふと、調子良かった時の昔のアンブシュアとか奏法に拘ってる自分がおかしくて笑ってしまいました。 この記事の内容。 「調子良かった頃のアンブシュアを再現しても結局それは記憶を頼りに作った今のアンブシュア」「今のアンブシュアを受け入れた方が良い結…

感覚も大事?~感覚の消費期限~

前回の記事で感覚的評価はあてにならないという事を書きました。 書いたばかりでなんですが、感覚が当てになる時もあるという事を書きたいと思います。(今後考えが変わるかもしれません。) 私がアレクサンダー・テクニークを学んでいるBODY CHANCEスタジオで…

初心者用のマウスピースなんて無いんです。

近いうちにこの記事を書きなおすか修正いれようと思います。(2016/6/1) トランペット初心者にはどんなマウスピースが良いのか?リム内径について書きたいと思います。 トランペットを始める時、いわゆる初心者用としてバック7Cやヤマハ11Cを渡される事が多…

初めてトランペットで音を出す時。

初めて音を出す時のアイディアを幾つか書いてみました。 (2014/4/19 現在) 唇を横に引っ張る必要も、唇の両端をギュっとやる意識も、巻き込む意識も実は必要ないんじゃないかなと思いました。 それでは、聞いた話+自分で試してみた初心者向け、トランペット…

初心者こそ最初から楽器を吹かせてもらおう

タイトルを見て「え?いきなり??」と思った方、結構いらっしゃるのではないでしょうか? トランペットに限らず金管楽器を希望した場合、最初にマウスピースだけ渡される事が多いのかなと思います。経験者の方は御存じ「マウスピース・バジング」ですね。フ…

トランペット志望の新入生の皆さんへ

中学、高校、大学(さらには社会人でトランペット1年生?になられる皆さま)とご入学おめでとうございます。トランペットを希望される事を、同じトランペット吹きとして嬉しく思います。 これから部活動等でトランペットを始めるにあたり色々あると思いますが…

アンブシュアの見た目は気にしない!〜過程を無視するエンドゲイニング~

アンブシュアの話題はとてもセンシティブな問題ですよね。文章だけでは伝わりにくいと思いますが、アレクサンダー・テクニークのレッスンで得たヒントをもとに書いてみます。マウスピースの位置を中心に、上下は1:1とか1:2とか、下にor上にとか…色々な情報を…