サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトウトクヤのアレクサンダー・テクニーク~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師サトウトクヤのブログ。アレクサンダー・テクニークとトランペットについて。Facebookページやツイッターもやってます。

マウスピースの細い穴(スロート)に息を入れるんだから細い息じゃないといけない?

トランペット吹いてるとたまに聞くこの言葉。 「マウスピースの穴(スロート、ボア)は細いんだから、細い息で吹く必要がある」 「スロートが細いと抵抗が強くなるから高音が出やすくていいけどすぐバテに繋がる、息も入り難い」 逆に「スロートが太いと音量が…

MF(メイナード・ファーガソン)マウスピースのすすめ

前回のブログでこんな記事を書きました。 tokuya-tp.hatenablog.com 浅いマウスピースは訓練次第で吹けるようになります。(使いこなせるかはその人次第ですが)特別な練習が必要なのではなく、どんな練習でも質の高い練習をしていけば吹けるようになると思…

浅いマウスピースが吹けないのは歯並び、厚い唇のせいではない。浅いマウスピースの吹き方

「浅いマウスピースだと唇がカップに触れて振動が止まるので吹けないんです」 「えぐりがないマウスピースだとバテた時に腫れた唇が触れて振動がストップする」 「唇が厚いのでリム内径の小さいマウスピースは吹けない」 「トランペットは西洋人向けに作られ…

「何回言ってもまじめに練習してくれない!」←「親に勉強しなさいと言われたら満点取る勢いで勉強するの?」

部内、サークル、一般楽団での温度差問題。 同期が、先輩、後輩が、生徒がまじめに練習しない。 譜読みしない、パート、セクション練習しない。 合奏に参加しない、本番直前にしか来ない。 色々とフラストレーションがたまる事は沢山あると思います。 「こん…

トランペットクアッドケースおすすめランキング

ケースランキング、クアッド(4本)ケース編です。 シングル、ダブル、トリプルはこちら。 tokuya-tp.hatenablog.comtokuya-tp.hatenablog.com tokuya-tp.hatenablog.com これは僕が求める使い勝手などを優先させたランキングなので、参考程度に見てもらえれ…

トランペットトリプルケースおすすめランキング

ケースランキング、トリプルケース編です。 シングル、ダブルはこちら。 tokuya-tp.hatenablog.comtokuya-tp.hatenablog.com これは僕が求める使い勝手などを優先させたランキングなので、参考程度に見てもらえればと思います。 最初に書いておきますと、主…

トランペットダブルケースおすすめランキング

前回に続き、ダブルケース編です。 シングルのはこちら tokuya-tp.hatenablog.com これは僕が求める使い勝手などを優先させたランキングなので、参考程度に見てもらえればと思います。あとリンク先で購入して頂けると僕に30円?くらいお小遣いが入るので良け…

トランペットシングルケースおすすめランキング

ケースについても考えるのが好きなので、ランキングでも作ってみようと思いました。 これは僕が求める使い勝手などを優先させたランキングなので、参考程度に見てもらえればと思います。あとリンク先で購入して頂けると僕に30円?くらいお小遣いが入るので良…

リップスラー攻略!3つのお助けアイディア

レッスンでの出来事 学校で先生に「リップスラーはカチっと切り替わるように吹きなさい」と言われた生徒さん。実際に吹いてもらうと・・・おお、前回までのレッスンの音とは違う! 音が潰れて形だけのリップスラーになってました・・・ 初心者や吹き方を見直…

ノンプレス奏法について。身に付けるのは必要最低限なプレスだけじゃない

とあるフェイスブックページでノンプレス奏法についてと、僕が書いたブログ記事が話題になっていたので、新たに自分の考えを書いてみる事にしました。 ※この記事はノンプレス奏法を推奨する訳でも、否定する訳でもありません。 昔書いた記事。 プレスは歯で…

ピボット奏法の大きな誤解「音域による楽器の角度変化について」

ピボット奏法、ピボット・システムって聞いた事ありますか? かんたんに言うと金管楽器の奏法の1つで、音域を変える時に役立つと言われる奏法、動きの事です。 ただ、バジルさんが翻訳された記事にもあるように、アメリカのトロンボーン奏者のドナルド・S・…

トランペット奏者って仲良く出来ない生き物なのでしょうか

個人的にいつも残念に思うのが、世にある〇〇奏法のごく一部分だけを取り上げて批判してる人が多い事。 僕はトランペットに限らず楽器の鳴る原理は1つだと思っています。ですが、そこにたどり着けるならいろんなアプローチがあってもいいと思うんですよ。

「ダブルバズ(ドッペルトーン)で悩んでいます」→昨日より全然ましになりました!!

オーディション、アンサンブルコンテストを控えた高校生トランペット吹きの方からダブルバズ(ドッペルトーン)の悩みについて質問を頂きました。 3か月前に1回と、つい最近の2回やりとりがあります。 トランペットのダブルバズで悩んでます。 コンクールの…

レッテルを貼るなんてのは全部「価値観の違い」だ。

色眼鏡をかけて見る、レッテルを貼るなんてのは全部「価値観の違い」だ。 思考停止でもあり、防御反応としても起こりうる。 そこに善悪はないのに自分を善としたいから色眼鏡をかけレッテルを貼り、相手を悪としたい防御反応。少し考えればそうでないと気付…

重心を下げるってつまり○○で立つって事?

「重心を下げる」 これも吹奏楽界隈で言われているらしい、不思議な言葉。 レッスン中に「重心が上がっているから、重心を下げなさい」と言われた、という方は意外と多くいらっしゃいます。 それがどのような事を指しているかは実際にそうアドバイスしている…

☆「喉を開いて」「あくびの様なブレス」「裏声で高音を吹く」は身体のここの事を言っている。

管楽器を演奏していると必ずと言っていいほど言われる「喉を開いて」 大きなブレスをするために「あくびの様なブレス」 高音が薄っぺらくならないために「裏声のように高音を吹く」 これらはノドの事を言っているようで、多分違う場所を指していたのではない…

☆思った事とやる事を一致させる「楽器を口にあて、ただ息を吹いてください」

最初に簡単な実験をします 金管奏者は楽器を構え、演奏時と同じようにマウスピースを口にあて、ただ息を流してください。 木管奏者も演奏時と同じようにマウスピースやリードを加え、同じくただ息を流してください。 フルート、ピッコロ等はやった事ないので…

3つのアンブシュアタイプとペダルトーンについて思う事

3つのアンブシュアタイプを知り、今年思った事のまとめ FBやツイッターの書き込みを簡単にまとめたものなので読みにくいと思いますが。 2016/5/24~低位置タイプだと思っていた頃~ 最近改めてアンブシュアの上下比率に思うところが。 basilkritzer.jp この…

2011年1月の呼吸についての日記

mixiから発掘してきました。 この時はスランプになる前、効率的な吹き方に切り替えた頃だったと思います。 ~~~~~~ 昨日は久しぶりに思いっきりトランペット吹けました。 その時に再認識したのが、体が緊張していると高音が鳴らない、出ないと言う事。 …

口先だけで吹かないためにハイBのブレスでローBを吹く

・口先で吹いている ・もっとお腹を使って吹きなさい ・お腹の支えがない なんて言われる方に 意味も分からず「たくさんブレスを取れ」と言われたり、取ろうとしている方にも Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら

「Tp演奏で首に力が入り曲がってしまいます」アドバイス後→「結構疲れているのに高音が格段に楽でビックリ!」

音楽科に通う大学生からの質問とそのやりとりです。 中高位置タイプ(低位置も?)のアンブシュアの方は役立つかもしれません。 お久しぶりです。○○大学の○○です。 最近だいぶ以前より楽にトランペットが吹けるようになってきたのですが、首からの力が抜けなく…

練習時間が短くても質の高い練習を?

練習するにおいて時間と質については色々と考えがあると思います。 89歳でなお現役のトランペット奏者、ドク・セバリンセンは毎日8時間の練習をしている、という話は有名で、先日も素晴らしい演奏がフェイスブックでシェアされていました。 ですが、ただ長時…

「そんな演奏で楽しいの?恥ずかしくないの?」←楽しいからやってるんだよ!

たまにいるのが「そんな演奏してて楽しいの?笑」って人。 うるせー楽しいんだよヽ(`Д´)ノ 人によって色んな楽しさがあって、今はその楽しさでOKなんですよ。 最初はボヘボヘの変な音でも、大変な演奏でも、楽しければいいんです。 何かのきっかけで上達した…

ハイFまでの吹き方と、最初は弱々しいけどダブルハイFまでの吹き方と

最近の悩みをぼやきのように、記録として書いてみます。 (この記事内は全て実音表記) 僕は昔、色々頑張ってハイFまで出るようになりました。 でもどんなに頑張ってもそこまでしか出ませんでした。 でも調子の波は無いし、その音域内ならバテなかった(緊張し…

昔出来ていた事が出来なくなったのは上達したから

昔出来ていた事が出来なくなった問題。 自分の場合スランプ以降の上達の過程で、音域と音量に問題がありました。 (特に軽く効率的吹く吹き方では音量が、パワーが出ないのか、とさえ思いました。) ですが、スランプだから、下手になったからというよりも上達…

タテを揃えるよりも音程を合わせるよりも大事な事。

最近思った事です。 楽譜通りに吹く事、タテを揃える事、音程を合わせる事、響かせる事・・・ 先生や先輩、同級生や自分自身からも色々と要求される事はたくさんあると思います。 言われた事、大事だなと思った事を意識して取り組むのは大事です。 でもそれ…

教則本でつまづいても気にせず先に進んだ方が良い

トランペットやその他楽器の教則本との付き合い方について 僕自身あまり教則本をやってなかったので何かと苦労しているのですが、色んな種類のがあるみたいですね。 最初から順番に練習して出来たら次に進むステップアップタイプのものや、沢山の練習パター…

コルネットとトランペットの持ち替え

先日、都内で活動されている英国式ブラスバンドのコルネットパートの皆さんにアレクサンダー・テクニークのグループレッスンをさせて頂きました。 ダブル、トリプルタンギングが上手くいかない コルネットに慣れてるのでトランペットが安定しない 高音が苦手…

【参加者の感想】「音出し・基礎練見直し講座」

遅れましたが、7月2日(土曜)に「音出し・基礎練見直し講座」を開催しました! お陰さまで満員御礼となりました。 ご参加頂き、またSNS等でシェアしてくださった皆様ありがとうございました^^ tokuya-tp.hatenablog.com 当日の簡単な様子と、参加して頂いた…

低音で下唇が出そうになります→出してみたら?

先日レッスン中にトランペットの生徒さんから相談されました。 「下のドやその下を吹いているとマウスピースから下唇が出そうになるんです。」 金管において下唇は支えとか、振動はしないけど共鳴していると言いますよね。最初から下唇がハミ出ているなら別…

アンブシュアが崩れ易いor唇が厚いTp、Hr奏者に役立つブレスの方法

トランペットやホルン奏者の場合、マウスピースが小さいので人によってはブレスの度にアンブシュアが崩れたりします。 ブレス前とブレス後で音が安定しない、吹き直した時に安定しないのはアンブシュアが崩れているから、なんて事も良くあります。 崩れたま…

【講習会】7/2「音出し・基礎練見直し講座 そして高音へ...」

こんにちは、トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師のサトウトクヤです。 急ですが、7月2日土曜日に「音出し・基礎練見直し講座 そして高音へ...」を開催する事にしました。 開催しました!当日の様子、参加者さんの感想はこちら tokuya-tp.hatenabl…

個人練習は足し算、合奏はかけ算

コンクールやコンテストのシーズンがやってきました。 自分の学生時代や、現役生のバンドを見て来て思った事を書きます。僕自身コンテスト経験はないので、常連校以外に向けて書きますが、常連校、上位校にも当てはまるところあるかも? Facebookページ「ト…

粘膜奏法の生徒さんのレッスン

今日のレッスン、初めての生徒さんでしたが満足してくださったみたいです。 最初に見た時から粘膜奏法だなと思いましたが特に言及せず、アレクサンダー・テクニークの原理を伝え、それを実際に楽器のレッスンに応用。それだけで音が自然に太く響くようになり…

☆長いフレーズで息がもたない・息が吸えない人がやっている7つのこと

長いフレーズを吹き切るためにブレスについて書きます。 レッスンでは長いフレーズが吹けない、フルブレスや瞬間ブレスが出来ないという生徒さん多いのですが、幾つか共通してやっている事があるのでそれを書いてみます。 Facebookページ「トランペット奏者…

ウォーミングアップは唇をほぐす為じゃない、日常生活から出来る

先日のレッスン中に生徒さんと話した内容が印象に残ったのでシェアします。 「ウォーミングアップはただ単に口周りの話じゃなくて、身体の状態を使える状態に持って行くのがウォーミングアップなんじゃないの?と思いました。」 僕も演奏に必要な自由さがあ…

ネット上の奏法などの情報との付き合い方

昨今(さっこん:初めて使いましたこの言葉)、インターネット上には様々な情報であふれかえっています。 日常生活のお役立ち情報から医療分野の専門的な知識まで。音楽においても演奏会情報から楽器や奏法の事まで。ここで気になってくるのが情報過多により何…

☆危険な「1st・リードトランペットはこうあるべき」思考

今回は昔の自分を振り返りつつ書いてみようかなと。1stを任される、リードトランペットになった方に読んで欲しいです。 ATに出会い「こうあるべきだ、こうでないといけない」って思考を音楽に持ち込めば持ち込むほど、いずれ潰れてしまうのかなぁと思う様に…

僕の回答で質問者さんが失敗しても別に良いと思っています。

いきなりですが、僕はインターネットで質問された時、僕の回答で質問者さんが失敗しても別に良いと思っています。 実際に見てないので的確な助言は出来ません。でもその人が考え得る方法で八方塞がりなのであれば、失敗してでも新しい何かに挑戦した方が良い…

☆「これをしたら出来るようになる」思考はやめて、代わりに思いたい事

ロングトーンをしたら音が安定する、綺麗になる。 リップスラーをしたら高音が得意になる、トリルが出来るようになる。 タンギング練習をすればタンギングが速くなる、歯切れ良くなる。 これらは半分正解で半分間違いです。 Facebookページ「トランペット奏…

プロフィール

サトウトクヤ 千葉県成田市出身 トランペット、アレクサンダー・テクニーク教師、ボディシンキングコーチ 大学時代にビッグバンドジャズに出会いトランペットを始める。要求される音域が高い事もあり高音を楽に吹く事が興味の対象となる。独学でハイG、ダブ…

息がつまるからスロート拡張をする?

マウスピースのスロート拡張について書いてみます。 色々な目的でされる方が多いですが、今回取り上げるのは高音域で息がつまるので息抜けを良くする目的でする場合です。 Facebookページ「トランペット奏者のためのアレクサンダー・テクニーク」はこちら(ト…

鳴らない楽器?従わせるのか、寄り添って吹くのか

今回は楽器のセッティングについて自分の考えを書いてみます。 結論から言うと「大体の好みが分かったら後は楽器に合わせて練習しましょう」です。 あるアレクサンダー・テクニーク教師が「人はより良いイスを買い求めるが、自分がどう座っているかには興味…

「緊張が和らぐ方法を・・・」→音を外してもあなたに価値はある!

中学校でトランペットを吹かれている方からの質問です。 あした、オーディション的なものがあるので、緊張が和らぐ方法とかも教えていただけたら嬉しいです。 これについていくつか質問をしてみたところ、緊張する原因や考えている事について以下の回答が得…

「調子が安定せず悩んでいます」→中音域が楽に

中学校でトランペットを吹いている方からの質問です。 前回の記事と似た内容で調子の波があるとの事です。 3/18 トランペットを毎日ふいているんですが、調子が安定せず悩んでいます。調子が良い日はhighCぐらいまでなるんですが、 調子が悪い日はFぐらいし…

「調子のいい日、悪い日があり音が全く変わります」→1日吹いてもバテなくなった。

中学校でトランペットを吹かれている方からのご質問 3/15 こんにちは、トランペット吹きの中学生です(*^-^*) 質問なのですが、私は毎日吹いていると調子のいい日、悪い日があり音が全く変わります。調子が悪い日はどんな練習法や対策をしたらよいでしょう…

「こんな演奏じゃ作曲者、編曲家に失礼だ」って思う必要はないです。

曲を演奏する時に「こんな演奏じゃ作曲者、編曲家に失礼だ」って思う必要はないです。 本人が聴いてたとしても「作品の意図通り頑張りました!」とか「 自分達なりの解釈を入れました!」の考えで良いと思います。 そもそも作編曲家さん達は演奏してくれるだ…

リップトリル・シェイクについてとやり方・方法

リップトリル・シェイクについてとそのやり方・方法を書いてみたいと思います。 リップトリルが上手くできません→口(アゴ)をアウアウ、アイアイやれば出来るよ→できない!って良くあると思います。 何が起こっているのか、何故出来ないのかも合わせて書いて…

【youtube】レッスンの様子 トランペット

今回はレッスン動画をご紹介します。 この間、試しにレッスンの動画を撮ってみたところお手本のような?レッスンになったので、生徒さんに許可を得てyoutubeにアップしてみました。 アレクサンダー・テクニークの原理についてはメインでは触れていませんが、…

無理なくべルアップするための7つのポイント

トランペットやトロンボーン等を構える時、ベルアップするとカッコいいですよね。ですが人によってはベルアップが難しい人もいます。 トランペットやその他金管(もしかしたら木管も?)は歯並びによって口と楽器の角度がある程度決まってきます。普通に構えて…