サトウトクヤとアレクサンダー・テクニーク【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

pBoneのススメ、トランペット吹きこそ買うべき?

トランペット吹きこそpBoneを買うべきなのでは?と思うようになったので書いてみます。

 

アンブシュア、ブレス、スタミナの改善・向上にピッタリかと。でも一般的には勧められていないと思いますし、これを読む多くの人が反対するかもしれません。

 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

  目次

  • アンブシュアを気にせずに吹ける
  • 深いブレスになる
  • 口輪筋の強化
  • ノンプレスに近付く?
  • 音程をより意識するようになる

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

プロの控室・楽屋はとても静か、アマチュアのはうるさい

チューニングに続いて疑問に思っていたこ

tokuya-tp.hatenablog.com 

 

何度かプロのライブで控室に押しかけたり、お手伝いでお邪魔させて頂いてた時のお話。

 

  目次

  • マチュアの楽屋・控室
  • プロの控室
  • 大音量で音出しするのは不安だから
  • 控室での音出し

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

上手なバンドってAでチューニングしてるとこ多いんですが

チューニングのこと

 

オーケストラはオーボエのAに合わせる

吹奏楽はB♭で合わせる

ビッグバンドは・・・B♭?A?

 

   目次

  • オーケストラがAでチューニング
  • 吹奏楽はB♭でチューニング
  • ビッグバンドは?
  • 【追記】スタジオ系のプロに聞いてみた

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

舌でかける橋2 息のガイドレールを作る

この記事の続きです 

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 

前回は前後ですが、今回は左右。

 

 

   目次

  • 息のガイドレール
  • メリット
  • この意識は必ずしも必要ではない

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

なんでも相談室4【感想】各音域に合ったマウスピースの密着について

第4回、金管なんでも相談室を開催しました。

 

今回も3名の方にご参加頂きましたが、気になるのはやはり高音やスタミナ。

低音が安定すると高音も変わりますね。高音が辛い時は中低音の時点で既に何かしているから、という事が多いです。

 

今回も当日の様子を軽くご紹介。

最後に今年最後の告知。

 

第2,3回の様子はこちら

tokuya-tp.hatenablog.com

tokuya-tp.hatenablog.com

 

  目次

  • その音域に合ったマウスピースの密着
  • 超高音域における密着と楽器の向き
  • 肺の位置を再確認するだけでブレスが深くなる
  • Oさんの感想、アンケート
  • 竹田裕史さんの感想、アンケート
  • Sさんの感想、アンケート
  • 第5回 金管なんでも相談室

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

舌でかける橋、息の流れをスムーズに

演奏する時に、なるべくスムーズに息が楽器に入ってくれると良いですよね。

楽器の抵抗がきつい!と思っていてもその大半が自分が何かしている、していないのが原因だったりします。

 

今回は舌の話。

 

   目次

  • 舌で息の橋を作る
  • 息が乱れる
  • そんなの聞いたこともない

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

ボブ・リーブスのバルブアライメントに出す前と後に

ボブ・リーブスのバルブアライメントについて

 

先日、久しぶりにアライメントに楽器を出しましたが、やっぱり効果ありますね。僕自身の音程感はあまり良くないのですが、響く音を優先すれば音程が自然と合う感じです。

 

アライメントされていない楽器は響く音で吹くと音程が不揃いで、合わせようとすると響きが不均一になる感じ。無理に唇や舌で合わせにいっているので響きが損なわれるのでしょうね、唇のバテにも繋がりますし。

 

でも、ヴィンテージ楽器にはオリジナル性を尊重してやらない方が良いという考えもあります。トップキャップやピストンボタンをごく僅かとはいえ削る訳ですから。演奏を優先するならアライメントをする、楽器もマウスピースも再塗装する。その代りオリジナルの価値は落ちます。トッププレイヤーの方でもアライメントをされない方もいらっしゃいます。

 

   目次

  • バルブアライメントについて
  • アライメント前に楽器を洗浄する
  • 1週間以上使用する・他の楽器は吹かない
  • アライメント後のチェック
  • マウスピース、ボトムキャップその他パーツの再選択

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む