サトウトクヤとトランペット【無料メルマガ】の購読申し込みはこちら

サトウトクヤのブログ~トランペットを誰もが楽しめる楽器に~

アレクサンダー・テクニークとトランペットについて書いてあるブログ。

プロ奏者「ピッコロTpをいつまでも吹いていられそう」ブレスと構え方と

10月に広島でレッスンします。その前に福岡でもするかもしれません。詳細は後日。

 

5.6月に「リードトランペットのためのATとブレス講習会」を開催しました。講習会の感想や動画はまた後日。

tokuya-tp.hatenablog.com

 

 参加申し込みされた方で「仕事での演奏がハードなのでヒントが欲しい」と急遽講習会前に個人レッスンを受けに来てくださった若手プロの方がいらっしゃいました。そのレッスンの様子などをシェアしたいと思います。

f:id:tokuya-tp:20190701005748j:image

 

  目次

  • アーティストの全国ツアー
  • ブレスについて
  • トランペットの構え方(手首の痛み)
  • ピッコロトランペット
  • 身体は思ったことをやる
  • 2日後のツアー本番で

 

Facebookページ「トランペットとアレクサンダー・テクニーク」はこちら

続きを読む

「唇を横に引かない」が呪いになってた。口角の支え。

 

前々から思ってたのですが、最近やっぱりそうだなと思ったことです。

f:id:tokuya-tp:20190625152853p:image

 

  目次

  • 唇を横に引いてはいけない
  • 唇を引くと口角を支えるを一緒にしていた
  • 唇はフリーに、口角は支える
  • 口角を支えればよいものでもない

 

Facebookページ「トランペットとアレクサンダー・テクニーク」はこちら

続きを読む

プレスを唇を緩めることで生まれる唇の張り

 

どの音域も同じアンブシュアで吹く

低音で唇を緩めない

高音と同じようにプレスを

一貫性のあるアンブシュア

ダブルアンブシュアはダメ

 

音域開発では色々と言われていますが、誤解すると逆に苦しくなってしまいそうだと思いました。

 

f:id:tokuya-tp:20190624133320p:plain

 

 

  目次

  • 低音で唇やプレスを緩めない?
  • 高音ではアパチュアを小さく?
  • 「唇を緩めない、アパチュアを小さく」で唇を力ませている
  • プレスを唇を絞めることで生まれる唇の張り
  • 音が出なくてもいい
  • 上手くいかなかったら方向転換を

 

Facebookページ「トランペットとアレクサンダー・テクニーク」はこちら

続きを読む

低音が苦手なトランペットの方に意識して欲しいこと

 

f:id:tokuya-tp:20140626175622j:plain

レッスンをしていてよく見かけるのが

「五線譜から下の低音が苦手です」という方。

トランペットってどちらかというと高音担当の楽器なので高音ばかりに目が行きがちですが、その反面低音を苦手とされている方も多いように感じます。

 

目次

  • アゴ開きましょう
  • 口先で吹いている
  • 高音でもアゴは開いたまま
  • 低音が苦手な人の共通点
  • 対策

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

ソフトプレス奏法とハードプレス奏法

 

f:id:tokuya-tp:20190506124149p:plain

なんでもかんでも奏法と名前を付けるのもあれですが、奏法と言ってもいいのではないかなと思いました。

 

個人的にクラシック系の人はハードプレスを避けるように言い、ジャズ系の人はそんなに気にしていない、むしろ(高音で)プレスは必要だという人が多い印象です。

ああ、当たり前ですが唇や歯が痛くなるのは本当に強すぎるか適切な位置でプレスしていないからだと思います。

 

目次

  • プレスの強さは最初にどう教わったかによる
  • プレスしても大丈夫な歯並びとマウスピース
  • 楽器によっても違う?
  • それぞれの特徴とジャンルと
  • プレスの強さを変える時は注意を
  • まとめ?

 

続きを読む

リードトランペットのためのブレスとアレクサンダー・テクニーク講習会

 

リードトランペットとはビッグバンドなどの1stトランペットのことです。

Leadの通りバンド全体を導く、引っ張っていくポジションですが当然負担も大きいです。

 

必要な能力はたくさんあると思いますが、まずは楽譜に書かれている高音が吹ける事バンド全体を支配するダイナミクス、最後まで吹き切るスタミナなどなど、これらが備わっていないととても音楽表現なんて出来ません。

 

というわけで、既に1stを担当している方はもちろん、これから挑戦していく方、そうでなくとも高音、スタミナ、音量が苦手だと感じる方向けにブレスとアレクサンダー・テクニークの講習会を3回開きます。(内容は同じです)

 

また、ピッコロトランペットやEs管コルネット、英国式金管バンドの深いマウスピースのコルネットを吹く方にも効果があると思っています。※当日は通常のB♭・C管トランペット、コルネットをメインで吹く事になると思います。

 

目次

  • 【お伝えする内容】
  • 対象・参加条件など
  • 日程(内容は同じです)
    • 【5/18 土曜】
    • 【5/30 木曜】
    • 【6/22 土曜】
  • お申込み

 

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む

1つのマウスピースしか吹けないのと、1つのマウスピースを好んで使うのは違う

最近、本格的にアンブシュアを見直しています。

ブレスについても年末から色々と試していましたが、3月頃ようやくこれだというものの1つを見つけました。

 

そんな中、改めて思った事があったのでブログに書いてみます。

 

 目次

  • 特定のマウスピースしか吹けない場合、どこかが凝り固まっている可能性
  • 吹ける、吹けないの基準
  • 歯並び、骨格に囚われない
  • ブレスによって克服
  • アンブシュアによって克服
  • 浅くてえぐりのないマウスピースが吹けないといけないわけではない

 

Facebookページ「STp:サトウトクヤとトランペット」はこちら

続きを読む